FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://azshangrila.blog59.fc2.com/tb.php/4-976f2c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏目准の憂鬱

いつの日から、だっただろう
あの人とおしゃべりすることが楽しみで、いつも店で心待ちにしていた日々は…
その日を未だに思い出せないまま…ひとつ、またひとつと年が過ぎていく
今は、どこにいるのだろう…また、そこらの草でも食べているのかな…
勝手にいなくなったあの人のことを今日もまた、思い続けている

………
……


ファッション通りは今日も多くの人々で賑わっていた。その通りをひとりの女性が颯爽と歩いていく。
彼女の金色に輝く長い髪が、翡翠色の瞳が、時折見せる笑顔がとても美しく、通りの人々を度々釘付けにさせていった。
当然、彼女につく虫がいない訳が無い。ひとりの男が意を決して彼女の元へ歩み、声をかけるが、二言三言話すと男は笑顔で彼女から離れていった。

(今日3人目…どうして男の人はテンプレの口説き文句使ってアタックする勇気があるのかな・・・)
彼女、夏目准は離れていく男の背中を見ながらそんなことを思った。
(まぁ、電視よりは遥かにマシだけどね・・・)

本来、准は海外で生活しているが現在は休暇をもらって日本へ帰国している。その休暇を使って彼女はファッション通りへよく足を運ぶ。
ファッション通りでの准の行動パターンはあらかた決まっている。目的の洋服店へ向かい、洋服の種類や質、ニーズ等の店情報を自分なりにチェックをする。
そして情報をひと通りまとめると次の洋服店へ行き、同じように情報をまとめる。これを1日に3、4回繰り返し行っている。


現在、彼女は世界でも有名な服飾デザイナーであり、またとある会社の秘書でもある。
しかし、彼女には今現在の環境から独立して自分の店を持つという夢を持っている。
そのため彼女はファッション通りの店の調査を独自に行っており、相手店に負けないようにするための基盤を築いているのである。


-そもそも何故、ファッション通りに店を出そうと思ったのだろうか?-

ファッション通り以外にも候補はあった。もっと大きな場所や海外も選択肢としてあったはず…しかし、准は迷わずこの場所を選んだ。

(あの人との繋がりが・・・遠前町しかないのは皮肉だなぁ…あんなに話したのに今、どこにいるのかすらわからないし…)
行き先も素性も知らない風来坊は何も言わず去っていった。
あの人がいた場所には何ひとつ残っておらず、関わりを持つ人々に聞いても「わからない」とのことだった。
唯一、残っているのが准とあの人が出会った町…遠前町だった。


今、遠前町はあの人がいた頃の活気は無く、有名なものも何も無い。町が徐々に廃れていく中、准はファッション通りの情報収集を終えると度々そこを訪れる。
もしかしたら…あの人がいるかもしれない。どこにいるのか見当すらつかないにも関わらず、彼女はこの町で探し続けている。
あの人がいそうな場所を、あの人と歩いた道を、あの人が練習している場所を…



(今日も収穫は無し、か…)
公園のベンチに座りはぁ、と大きなため息をつく。今日もまた何ひとつ有力な情報が見つからず無駄足だったこともあるがそれ以上に、もしあの人に逢った時にどんな顔をすればいいのか…准は悩んでいた。

(私は…頑張っているよ…でも…それは胸を張って言えるモノじゃない…)
今の地位が、自分がいるのは自分が頑張ったからだろうか?周りの人々に支援してもらったから、後押ししてもらったからじゃないのだろうか?
そんな現状で私は胸を張って「頑張っている」なんて言えるのだろうか…このまま独立して店を出しても、すぐに潰れてしまうのではないだろうか…不安ばかりが頭に残る。

(あの人、妙にカンがいいからなぁ…そういうところは無駄に年を取ってないというか…)
准はあの人に言われたことを思い返す。その言葉はあの人の気持ちがこもっていた。忘れはしない、あのときの言葉…


あなたは今の私になんて言ってくれるのだろう…
あの時と変わらず、「頑張れよ」って言ってくれるかな?
前とは違って、現実に潰されそうな私でも
あなたは「頑張れよ」って言ってくれるかな?

………
……



ファッション通りは今日も相変わらず賑やかだ。ただし、今日は珍しい人が迷い込んでいる。

(この間、私達の会話を盗み聞きしていた人、だったかな…)
顔まで覚えているわけではないが彼の着ている野球ユニフォーム姿でこの間の人物だということがわかった。

(野球のユニフォーム姿でうろつく人はまた珍しい…そういえば、あの人もよく喫茶店に場違いな野球のユニフォーム姿で来ていたな…)
そう思うと不思議と興味が湧いてきた。彼とお話してみたい、そんな欲が自然にふつふつと湧いてきた。

「ねぇ、おにいさん」

私は声をかける。彼とあの人とを重ねながら…



反省会

1日で書けるわけがなかった!ボキャブラの貧困な自分に1日なんて無理もいいとこ。
と言うわけで、パワポケ9、12より准について書いてました。

この文章のベースは3つ。准の夢に対する風来坊(9主人公)の反応、風来坊が何も言わずに去ったこと、准が遠前町の近くの場所に現れたのか。
あくまでも妄想と勢いで書いたのでぐだぐだ感MAX…でもこうであって欲しいと願う文章であったりする…
どうしても准→風来坊(9主人公)のイメージが強いのかな。だから正直な話、この後のパワポケシリーズで准を彼女候補にしないで欲しいなぁ、とかなんとか。

今回は喋る場面がなかったけど、頭の中の声の部分で准らしく書けたかはいささか不安。
あと、場面や対象の説明力不足…わかる人はわかるかもしれないけどイメージしにくいんじゃないだろうか…
そういう点においては文章の肉付きが悪い気がする…
後、最後おざなりすぎだろ…
でもそれでグダグダするのも嫌なのでGWまでに出す!て決めて書いたらこの様だったYO!
まぁ、モヤモヤがなくなったからコレはコレでいいのかもね!


コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://azshangrila.blog59.fc2.com/tb.php/4-976f2c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Az

Author:Az
Azと言います。
趣味:麻雀、昼寝、ゲーム、友人と馴れ合い
ゲーム:パワポケ、パワプロ、テイルズ、サモンナイト、PCゲーム、メガテン等

目指せ!週1更新(マテ

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。